俺の最高の風俗での出来事

これといって好みはないのがいいのかな

これといって特別なこだわりを持っているジャンルがある訳ではないんですけど、でもむしろそれが功を奏しているというか、だからこそその都度気まぐれで楽しめているんじゃないのかなと思いますね。もしかしたらそこからいろいろと好みが出てくるのかもしれないですし、物凄く好みの風俗嬢と出会うかもしれないのでこの先のことはまだまだ自分でも良く分からないとしか言えないんですけど、それでも風俗は自分の気持ちに正直になるというか、好きなように遊ぶくらいのスタンスが実は一番理想に近いことなんじゃないのかなって思うようになりましたね(笑)むしろそういった形で遊ぶくらいの方が、ある意味では自分の飽きっぽい性格にマッチしているのかもしれませんし、特別なこだわりを持たないとしても別に風俗は楽しめるジャンルだと思いますので、自分の好きなように、適当に遊ぶくらいのスタンスで十分な世界なんじゃないのかなという気持ちはあるんです(笑)

要チェックしているコンテンツがある

毎日のように見ている風俗関連のコンテンツがあるんです。それはポータルサイトです。遊ばない時に見ても意味がないんじゃないか?という突っ込みも聞こえてきそうですけど、遊ばない時であってもポータルサイトの情報は更新されるじゃないですか。それらの情報を見て、傾向と対策を考えるんですよ(笑)何がベストアンサーなのかや、あるいはどういったことを楽しめるのかもあれば、新人風俗嬢が入ることもあるんです。そういったことを考えると、如何に風俗がありがたいものなのかが分かるというか、それ以上にポータルサイトによる情報収集が自分に様々なものをもたらしてくれるということに気付かされるんですよね。それにポータルサイトはどれだけ見ても無料である以上、見なければ勿体ないじゃないですか(笑)それらを要チェックしつつ、自分が気になる情報はブックマークに入れて実際に遊ぶ時に、より細かく吟味するのが自分の手法になりつつありますね。