俺の最高の風俗での出来事

外見の方が結局気持ちが違うという事実

風俗では基本的に外見重視というか、内面なんてそんなに関係ないんじゃないですかね。確かに何度も何度もリピートするのであれば内面も大切になるとは思うんですよ。リピートしたいなって思うかどうかは外見よりもむしろ内面次第だとは思うんですけど、裏を返せばリピートを考えている訳じゃなくてその場だけでって考えたらむしろ内面はそこまで考える必要がないんじゃないのかなと思うんですよね。むしろ外見の方が大切というか、やっぱり外見ってアイコンそのものじゃないですか。どんなアイコンなのかは自分の目から入ってくる情報でもあるので大きいものなんです。それに風俗は長時間楽しむというよりも、そこまで長時間一緒にいる訳ではないので尚更外見から生まれる第一印象によって結構いろいろなことが左右されるんじゃないのかなって思いますので、風俗で遊ぶのであればホームページで外見に心を奪われた女の子にって決めているんですけど、それでいつも納得しています。

きっと風俗なら大丈夫ですよ

自分自身、仮性包茎ということもあって女の子相手に対してどのように接すれば良いのか分からず、良いムードになっても最後の一押しが出来ませんでした。だって最後に幻滅されるのも嫌じゃないですか。それなら何もしない方が…みたいな気持ちになっていましたけど、でも男として楽しみたい。その気持ちを爆発させる場所はといえば、風俗が一番なのかなって思いましたね。なぜなら、風俗ではどの女の子も自分のことをしっかりと受け止めてくれるじゃないですか。それだけでありがたいというか、嬉しい気持ちにさせられるというか。それだけに、風俗で遊ぶ時だけはそんな余計な心配をすることなく、遊べるなってことに気付いたんですよね。だから風俗の存在は自分の中でいろいろな形で大きな存在感となっているというか、本当にありがたい存在なんだなってことに気付かされるので何気にとってもありがたい部分があるし、やっぱり風俗で遊んでいるのが一番気楽だよなって(笑)